コンテンツへスキップ

贖罪の旅人 後編

ベイラン:
セラさん、危ない…!

ドンッ!!

セラ:
きゃっ!吸血鬼…?
ベイランさん…!ひどい出血…!

ベイラン:
しまった…!血を流しすぎた…。
まずい…、私の中のアイツが…
くっ…

ベイラン?:
コロスコロスコロスコロスコロス!

セラ:
ベイランさん…?その黒い鎧はいったい…

ベイラン?:
コロス!!

吸血鬼:
ギャーッ!

セラ:
凄い…、吸血鬼を一瞬で…!
(でも、さっきまでのベイランさんと様子が違う…)

ベイラン?:
スベテコロス、オマエモコロス!!

セラ:
ベイランさん、しっかりしてください…!
私です、セラです!!

ベイラン?:
セ…ラ…サン?
ウッ!!

セラ:
鎧が消えた…?ベイランさん、元に戻られたんですね!!
良かった…

セラ:
少しジッとしていてください、今治療しますから…!
(えっ、傷が消えてる?あれだけ出血をしていたのに…)

ベイラン:
セラさん、すみません…!
あなたを守ろうとしたのに、結果として私は、あなたを傷つけようとしていた…
本当になんとお詫びしたら良いか…

セラ:
ふふ、私は大丈夫ですよ…
吸血鬼から身をていして私を守ってくれたこと、とても感謝しています…
ベイランさんがずっと思い詰めた表情をしていたのは、あの鎧が原因なんですね…?

ベイラン:
…はい

私はステンダールの番人をしていた時、とある任務の中で「黒い鎧」の呪いを受けてしまいました…。

黒い鎧は私のナカに潜んでおり、私の血を媒介として表に現れるんです…
黒い鎧は私の精神と肉体を蝕みながら、憎しみや殺意を周囲に向け、殺戮の限りをつくします。
私はこの呪いにより、殺戮衝動に駆られてかつての仲間達を手にかけてしまった…!

今の私に、ステンダールの番人を語る資格はありません…
そのため、私は番人を辞め、この呪いからの解放と、かつて手にかけた仲間達に報いるための贖罪の旅をしているんです…

ベイラン:
セラさん…!私は今回もまた、かつての過ちを繰り返そうとしていた…!
私はあなたを見ても、体の中から湧き上がる、どす黒い欲望を抑えられることができなかったんです!!
もしあのままセラさんに襲い掛かっていたらと思うと…

セラ:
ベイランさん…

花:
セラさんを見て、どす黒い欲望? 襲い掛かる??

セラ:
あ、花さん…

花:
セラさん!帰りが遅いので、衛兵さん達と迎えに来たんです!
吸血鬼の心配をして来てみたら、まさかこんな変態に出くわすなんて…!

ベイラン:
ちょっと待ってください、誤解です!
変態だなんて…!

花:
何を言ってるんですか…!
パンツ一丁で、こんな夜中に若い女性に近づき、どす黒い欲望を向ける…
変態以外の何者でもないじゃないですか…!

ベイラン:
だから…

衛兵A:
分った分かった…
とりあえず話はホワイトランのダンジョンでゆっくり聞いてやるから、
今は我々に同行してもらおうかな…

衛兵B:
まったく、今日で変態をダンジョンに送るのは二人目だぞ?
一体どうなっているんだ…

次回:ダンジョンで運命の再開が実現するかも…?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です