ベイラン:
セラさん、危ない…!

ドンッ!!

セラ:
きゃっ!吸血鬼…?
ベイランさん…!ひどい出血…!

ベイラン:
しまった…!血を流しすぎた…。
まずい…、私の中のアイツが…
くっ…

ベイラン?:
コロスコロスコロスコロスコロス!

セラ:
ベイランさん…?その黒い鎧はいったい…

ベイラン?:
コロス!!

吸血鬼:
ギャーッ!

セラ:
凄い…、吸血鬼を一瞬で…!
(でも、さっきまでのベイランさんと様子が違う…)

ベイラン?:
スベテコロス、オマエモコロス!!

セラ:
ベイランさん、しっかりしてください…!
私です、セラです!!

ベイラン?:
セ…ラ…サン?
ウッ!!

セラ:
鎧が消えた…?ベイランさん、元に戻られたんですね!!
良かった…

セラ:
少しジッとしていてください、今治療しますから…!
(えっ、傷が消えてる?あれだけ出血をしていたのに…)

ベイラン:
セラさん、すみません…!
あなたを守ろうとしたのに、結果として私は、あなたを傷つけようとしていた…
本当になんとお詫びしたら良いか…

セラ:
ふふ、私は大丈夫ですよ…
吸血鬼から身をていして私を守ってくれたこと、とても感謝しています…
ベイランさんがずっと思い詰めた表情をしていたのは、あの鎧が原因なんですね…?

ベイラン:
…はい

私はステンダールの番人をしていた時、とある任務の中で「黒い鎧」の呪いを受けてしまいました…。

黒い鎧は私のナカに潜んでおり、私の血を媒介として表に現れるんです…
黒い鎧は私の精神と肉体を蝕みながら、憎しみや殺意を周囲に向け、殺戮の限りをつくします。
私はこの呪いにより、殺戮衝動に駆られてかつての仲間達を手にかけてしまった…!

今の私に、ステンダールの番人を語る資格はありません…
そのため、私は番人を辞め、この呪いからの解放と、かつて手にかけた仲間達に報いるための贖罪の旅をしているんです…

ベイラン:
セラさん…!私は今回もまた、かつての過ちを繰り返そうとしていた…!
私はあなたを見ても、体の中から湧き上がる、どす黒い欲望を抑えられることができなかったんです!!
もしあのままセラさんに襲い掛かっていたらと思うと…

セラ:
ベイランさん…

花:
セラさんを見て、どす黒い欲望? 襲い掛かる??

セラ:
あ、花さん…

花:
セラさん!帰りが遅いので、衛兵さん達と迎えに来たんです!
吸血鬼の心配をして来てみたら、まさかこんな変態に出くわすなんて…!

ベイラン:
ちょっと待ってください、誤解です!
変態だなんて…!

花:
何を言ってるんですか…!
パンツ一丁で、こんな夜中に若い女性に近づき、どす黒い欲望を向ける…
変態以外の何者でもないじゃないですか…!

ベイラン:
だから…

衛兵A:
分った分かった…
とりあえず話はホワイトランのダンジョンでゆっくり聞いてやるから、
今は我々に同行してもらおうかな…

衛兵B:
まったく、今日で変態をダンジョンに送るのは二人目だぞ?
一体どうなっているんだ…

次回:ダンジョンで運命の再開が実現するかも…?

今回はrurotan さんのベイランさんと、火野リサさんの花さんをお借りした小話です。
例によって、ベイランさん・花さんの設定は小話内のものとなっております…!

ベイラン:
私はベイラン…、かつてはステンダールの番人でした…。
今は私が犯してしまった”罪”に対する贖罪のため、終わりなき旅を続けています…。
私の罪の証である、黒い鎧の呪いと闘いながら…

ベイラン:
ん?青い髪…、あの女性は一体…

セラ:
あら?ステンダールの番人さんですか?…ふふ、こんばんは。

ベイラン:
こんばんは。
あ、すみません… 私はステンダールの番人ではありません…。
昔の名残でこんな格好をしていて、紛らわしかったですね。
私はベイラン、今は…、旅人です。

セラ:
あら、そうでしたか…
私の方こそ、早とちりしてしまい申し訳ありません。

申し遅れましたが、私はセラと言います。
今は治癒士の仕事で、麓の村に滞在しています。

ベイランさんは旅をなさっているんですね…
もう宿はお決まりですか?

もう夕暮れ時ですし、よろしければ村までご案内しますが…

ベイラン:
本当ですか…?それはとても助かります。
何分この付近に来るのは初めてだったもので…
お言葉に甘えさせえもらいます。

ベイラン:
セラさんは、治癒士をされているんですね。

セラ:
ええ、以前はホワイトランのキナレス聖堂に常駐して治癒士をしていたのですが、
今は各地方の年や村々を転々と旅しながら、治癒を行うようにしています。

最近は戦争やドラゴンの襲来等により、各地で多くの負傷者が続出しています…。
しかし、そのような人達を救うためには、絶対的に治癒士の数が足りません…。
ホワイトランのように、治癒士が常駐していない街や村もある程です。

だから、私が各地を訪問して、治癒を求める皆さんの助けになろうと思いました。
私自身、治癒しとしてはまだまだ未熟者ですけどね…。

ベイラン:
苦しむ人々を救うための旅…、とても素晴らしいですね!

セラ:
ふふ、ありがとうございます…。
ベイランさんも旅をされているようですが、何か目的がおありなんですか?

ベイラン:
目的ですか…、あるといえばありますが、私のはセラさんのような立派なものではありません…。

セラ:
お話しにくい内容なんですね…。
すみません、変なことを聞いてしまって…。

ベイランさんは、時折、何か思いつめた表情をされていますが、
その目的と関係があるんでしょうか…?

部外者の私が言うのもおこがましいですが、今抱えられている悩みも、きっと解消される日が来ると思います。
だから…、元気を出してください…!

ベイラン:
セラさん…、ありがとうございます!

セラ:
ふふっ

ベイラン:
セラさん…、この道は…?

セラ:
ふふ、私のお気に入りの近道です…!
この一面ラベンダーの景色、素敵だと思いませんか?

ベイラン:
ええ、そうですね…。
(なんだ、この不自然な霧は…、そして吸血鬼の気配も…)

!?

ベイラン:
セラさん、危ない…!!

花:
セラさんの帰りが遅い…!探しにいかないと…!
(そうえいば夜中に吸血鬼が出没する噂も…、セラさん、無事でいて下さい!)

~小話 贖罪の旅人 後編へ続く~

今回は「 Hino-Followers」の花さんに登場してもらいました。
リバーウッド滞在で、セラと年代も近しいということでからませてもらっています…!

花:
私は花、リバーウッドの宿でお世話になっている者です。
この宿はとても不思議な場所…
片田舎にある、お世辞にも見どころがない、古びた宿屋ですが、
老若男女、多くの冒険者が集うんです…。
時には人外の冒険者(?)も…

花:
最近は、同じ年代の友人もできて、とても居心地が良い場所になりました。

花:
それでも、私は、自分の本来の目的を忘れることはありません。
私は、どうしても会わなければならない人がいるんです…!
その人に会うために、今日も私はこの宿屋で行きかう冒険者達を見定めます…!

花:
ん?あの人は…
青髪に尖がった耳…、なんだかセラさんにそっくり…

セシル:
初めまして、僕はセシルと言います。
この宿屋の方ですか?

花:
初めまして、私は花といいます。
この宿屋で…、用心棒の仕事をしながら長期滞在しているものです。
何かお困りですか?

セシル:
長期滞在…、もしかして、この宿屋の宿泊客について詳しかったりしますか?
実は…、僕は消息不明の姉を探して旅をしてまして…
冒険者が集うと噂されている、この宿屋に姉がいないか気になってやってきた次第です。

花:
ええ、この宿屋には長く身を置いてますので、どのような冒険者が宿泊しているかは大方知っています。
ただ、実際に皆さん全員とお話したこともなく、名前を知らない方も多いですね…
セシルさんがお探しのお姉さんについて、何か特徴を教えていただけませんか?
その内容で、この宿屋にいらっしゃるかお答えできるかもしれません。

セシル:
…!本当ですか!?ありがとうございます…!
姉は大らかで優しくて、それでいて、どこか抜けていて…
そして…

花:
はは、何か外見的な特徴もよろしいですか?

セシル:
ああ!すみません…
そうですね…、弟の僕が言うのもすごく変ですがスタイルがすごく良…
い、いえ、はは、何か変なこと言っちゃいましたね…

花:
はは、お気になさらずに…。スタイルがいい女性ですね…
(そういえばセラさんと川に泳ぎに行った時… たしかにスタイルが…。性格もセシルさんの言ってる人とも合致してそう…!)

花:
ちなみに、お姉さんはセシルさんと同じような青い髪と尖がった耳をした、ボブカットの私と同じ年代(23歳~24歳)の女性じゃないですか?

セシル:
確かに青い髪と耳はそうですが…、姉はロングヘアーで年齢も花さんよりも年上な感じですね…。
(姉さんは今23歳…、花さんはたぶん20歳ぐらいだろうな)

花:
そうですか…、残念です…。
凄く近そうな人に心当たりがあったのですが、違うようですね…。
セシルさんのお姉さんは、この宿屋にはいなさそうです…。

セシル:
そうですか…、ここなら!と思ったんですが…
でも、ありがとうございます!
花さんと話せたおかげで、時間と宿代を節約することができました…!
これから、他の街へ向かいたいと思います…!

花:
お姉さん、見つかるといいですね…!
私も人探しをしている身なので、セシルさんの大変さは分かります。
でも、いつかきっと見つかると思いますので、諦めずにがんばってください!

セシル:
はい、ありがとうございます!
花さんも人探しをしているんですね…。お互い大変ですが頑張りましょう…!
それでは…

花:
人探し、か…。私も頑張ろう!

セラ:
はーなさん…

花:
あ、セラさん…

セラ:
ふふ、そろそろお昼の時間ですよ?
一緒にお食事にしませんか…?

花:
はい、そうですね…!


セラさん、ところでその格好は一体…

セラ:
ふふ、この衣装を着て滞在すると、宿泊費を半額にしてくれるってデルフィンさんが…。とても可愛らしい服ですし、花さんもどうですか…?

花:
…いえ、私は大丈夫です。
(大らかで優しくて、何処か抜けている…か)

ベイリン:
そこのお嬢さん、俺と一緒に、ベッドでロマンについて語り合わないか…?

女性:



ベイリン:

はっ…!?ロ、ロザリーちゃん…!
今日はいつもと髪型が違うんだね…、その髪型も似合っているよ…

ロザリー:
ふふ、ありがとう…
そういうあなたは、いつもそうやって裸で近づいてきては、私に嫌がらせをしてくるのね…
ねぇ、あなた、私をそんなに怒らせたいの…!?
(ゴゴゴゴゴ…)

ベイリン:
…(汗)

ダリオ:
おい、ミカエル…!俺は魔法はあまり詳しくないが、あの嬢ちゃんはやべぇぞ…
この大気の振動、嬢ちゃんの怒りが引き起こしているに違いねぇ…
ベイリンには悪いが、俺たちはここらで身を引かせてもらおうじゃねぇか…

ミカエル:
そうだな…、ベイリン、すまない…
お前はいい好敵手だったよ… じゃあな!

アイリ:
いっけな~い!ロザリーさんとの待ち合わせに遅れちゃう…!

アイリ:
ふぅ、なんとか時間に間に合った…
ロザリーさん、来てるかなぁ?

アイリ:
えぇ!? いったい何が起こったっていうの??

衛兵:
変態捕獲のご協力、誠にありがとうございます…!
こいつ、何度もダンジョンでお灸をすえているんですが、なかなか懲りないようで…
市民から裸の男が、若い女性に言い寄っているという通報があったので
急いで駆けつけてみたら、まさか返り討ちにされているとは…
衛兵を代表して、心よりお礼を申し上げます…!

ロザリー:
い、いえ、別に私はそんな感謝されるようなことは別に…

アイリ:
ははは… ま、まぁ、ホワイトランではよくある光景かな…?
今日も平和で何よりってことだよね…!

alfort4649 さんのダリオさんとrurotan さんのベイリンさんをお借りした、ちょっとした小話です。
例によってベイリンさんはいつもの扱いですが、まぁこの世界線での設定であり、オフィシャルは
渋いイケメンであることを事前にお伝えしておきます…;

ベイリン:
ダリオ…、俺とお前…、どっちが真の色男か、ここらでハッキリさせとかないか?

ダリオ:
いいねぇ…、俺もお前さんとは、白黒ハッキリさせときたいと思ってたところだ…
その勝負、受けて立つぜ…!

ミカエル:
おっと、お二方、聞き捨てならないな…。このミカエルを差し置いて、何を話してるんだい?
悪いが、スカイリムの美女は皆、ミカエルのものさ…

ダリオ:
はっ、面白れぇ、ミカエル、お前さんも参戦するってわけか…!

ベイリン:
ふっ、まぁいいだろう…、俺達の勝負に相応しい場所がある…
二人とも、俺についてきな…!

ミカエル:
で、ここでどんな勝負をするんだ?

ベイリン:
ああ、このギルダーグリーンはホワイトランの中心であり、多くの女性が往来する絶好のナンパスポットでもある。
ここで何人の女性を口説けるか勝負するっていうのはどうだ?

ミカエル:
ああ、良いだろう…!

ダリオ:
俺もいいぜ…!ところでベイリン…、お前さん、どうしてパンイチなんだ??

ベイリン:
ふっ、俺の魅力を惹きたてる為にあえて脱いだのさ…
この肉体美で、ホワイトラン中の女性の視線を釘付けにしてやるぜ…!

ダリオ:
なるほど…、考えたな…!

ミカエル:
すでに勝負は始まっているという訳か…!

ベイリン:
ふっ、そういうことだ…!

ベイリン:
おっと!早速、女性を発見…!
よし、あの娘は俺が声をかけさせてもらうとしよう…

ダリオ:
ははっ、お手並み拝見ってところだな

~ホワイトランの何気ない日常 後編へ続く~

ベイリン:
こいつら…、シグダンに挑戦し、返り討ちにされた戦士達の亡霊だな…
そして、後方で構えている奴がシグダン本人っとこか…

よし、この場は俺が引き受ける…!
アルフはアイリちゃんを連れて、財宝の間へ急げ!
アイリちゃんの護衛は任せたぜ…?

アイリ:
え?ベイリンさん、本当に大丈夫ですか…?
相手は歴史に名を連ねた戦士達の亡霊ですよ…?

ベイリン:
なーに、俺は大戦を生き抜いてきた英雄、こんな所でくたばりはしないさ…

アルフ:
アイリ、ベイリンさんの言葉に従って、ここは任せて先に進もう…!
あの人は普段は救いようのない変態かもしれないが、戦場では誰もが認める英雄だ…
ここはベイリンさんを信じるんだ…

アイリ:
…うん、そうだったね
ベイリンさん、ここは頼んだわよ!

ベイリン:
ああ、任せておけ!
(アルフ、あとでぶっ飛ばす…!)

アイリ:
やったね、アルフ君!私達、ついに「シグダンの剣」を見つけたんだね!

アルフ:
ああ!こいつを持って、すぐにベイリンさんの加勢に向かおう…!

ベイリン:
ふっ、俺なら大丈夫だ…!

アイリ・アルフ:
!?


ベイリン:
亡霊共なら、シグダンも含めて皆ぶちのめしてきてやったぞ…!
歴史に名高い血塗られた剣士といえども、真の英雄の敵ではなかったってことさ…

アイリ:
(ヒソヒソ)アルフ君、なんでベイリンさんは裸なの??

アルフ:
(ヒソヒソ)あの人は、本気になるとああやって裸になるんだ…
あの人の奥義「ドラゴンブラッド」は、コントロールが難しく、自分が窮地にならないと発動できないらしい…。
だから、本当に倒すべき敵と対峙した時は、ああやって裸になり、自分をあえて追い込むようにしているんだとか…

アイリ:
(ヒソヒソ)へ、へぇ そうなんだ…

ベイリン:
アイリちゃんも目当てのものを回収したようだな…?
さぁ長居は無用だ、アイリちゃん・アルフ…、さっさとここから退散しようぜ!

アイリ:
え、ええ…
あ、ゴメン…、ちょっと一仕事してってからでもいい?

ベイリン・アルフ:
!?

ベイリン:
アイリちゃん、どうしてせっかく手に入れた財宝を…?

アイリ:
うん、私達トレジャーハンターは財宝を見つけることを生業としているけど、
「見つける」と「持ち帰る」って必ずしもイコールではないと思うんだよね…。

シグダンの最期の手記にはさ…、「この呪われた大剣の破壊して欲しい!」
っていう強い想いが書き綴られていたんだよ…

財宝を持ち帰るという選択もあるだろうけど、
先人の果たせなかった想いを、財宝を見つけた私(トレジャーハンター)が
しっかりと果たすことも大事なんじゃないかなぁと思ってさ…

持ち帰るべきか、壊すべきか…
ここに来るまでに、色々悩んじゃったけど、
今回は持ち帰らずに、壊すことにした…!

ここまで二人に手伝わせちゃったのにゴメンね…
結局、今回の成果はノエラに渡す素材だけになっちゃった…

ベイリン:
なーに、アイリちゃんが決めたことなら、俺は何も言わないさ
なぁ、アルフ?

アルフ:
ああ…!
元々、曰くつきの大剣なんだ…。誰かの手に渡り、再び悲劇が繰り返されないよう、
今ここで壊しておいた方がいいと思う。

アイリ:
二人共…、ありがとね!

ベイリン:
さぁ、ホワイトランに戻るか…!
今日はいろいろ大変だったし、特別に俺がおごってやろう!

アイリ:
ふふ、ベイリンさん、ありがとうございます!
良かったね、アルフ君!

アルフ:
ベイリンさん、すまない…

ベイリン:
ん?、俺がおごるのはアイリちゃんだけだぞ?
あと、アルフ、お前、後で覚えておけよ!

アルフ:
・・・

アイリ:
ふふふ

アイリ:
さぁ、目的地に着いたわ
どんな危険が潜んでいるか分からないから、警戒して進みましょう…!

アルフ:
ああ…!

アイリ:
ふぅ、ようやく最深部まで来たわね~
ドラウグルに、蜘蛛、ファルメルに魔女… 本当に敵が多くて疲れたわね…

アルフ:
ああ…、俺達三人で来て正解だったな…。
アイリ人一人だと、ここまで来るのは厳しかったんじゃないか…?

アイリ:
ふふ、そうだね!
アルフ君、ベイリンさん…、二人ともありがとね!

ベイリン:
おっと、アイリちゃん…
気を抜くのはまだ早いんじゃないか…?
前方を見てみろ…!

アイリ:
…!?

小話 シグダンの剣 後編へ続く

ミニクエストMOD「Sword of Sigdan」をプレイしたので、小話風にまとめてみました!今回のクエストは、 rurotan さんのベイリンさんと、alfort4649 さんのアルフレドさんに同行してもらっています。

二人はアイリの冒険者仲間であり、ベイリンさんは頼りになる先輩、アルフさんは年が近い友人というRPで話をまとめました。

ノエラ:
アイリ、見て!ファレンガーの部屋に面白い本があったんだ~。
シグダンって剣士の話なんだけど、何か財宝探しのヒントにならないかな~?

アイリ:
へ~、面白そうね!ちょっと見せて…
なるほど…
もしかしたら、この本が示す遺跡に、̪シグダンの剣が眠っているのかも…!
ちょっと探しに行ってくるわね!

ノエラ:
ふふ、それじゃあ遺跡で何かいい素材を見つけたら、よろしくね!

アイリ:
ふふ、任せといて!

ベイリン:
アイリちゃん、話は聞かせてもらったよ…。シグダンの剣を探しに行くんだって?
シグダンは、伝説に名高い呪われた大剣を操る血塗られた剣士だ…
そんな危険な品を取りに行くのに、一人だと心細いだろ?
俺がついて行ってやるから安心しろよ…?

アイリ:
あれ、ベイリンさん…、何故そのことを…?
ま、まぁ、たしかに一人だと危険そうなので、護衛をお願いしてもいいですか?

ベイリン:
ああ、任せてくれ…!さぁ、二人っきりでどこまでも行こうぜ!

アイリ:
うーん、二人だとまだ足りないかなぁ…
すみません、もう一人友達を誘ってもいいですか?

ベイリン:



アイリ:
…という訳で、アルフ君も遺跡探索を手伝ってくれないかな?

アルフ:
ああ、俺は構わないが…

ベイリン:
はぁ… どんな美女かと期待したらアルフか…
まぁ、お前の腕は信用している。一緒にアイリちゃんの護衛、頑張ろうぜ…!

アルフ:
ベイリンさんも相変わらずだな…
ああ、任せてくれ…!

アイリ:
ふふ、これでチームは完成ね!
それじゃあさっそく、遺跡に向かいましょう…!

小話 シグダンの剣 中編へ続く